家族住宅株式会社

住宅保証機構まもりすまい保険について

住宅保証機構まもりすまい保険について

お客様に安心して長く住んでいただくために当社の建物は住宅保証機構の「まもりすまい保険」に加入しています。かりとお話をお伺いし、理想のプランをおまとめして形にしていきます。
この保険は住宅瑕疵担保履行法に基づく保険で、新築住宅の建設を請負う建設業者が瑕疵担保責任を履行した場合に、その損害を補填するものです。損害の補填はもとより設計施工基準が定められており、工事中に専門の検査員による現場検査も義務づけられているので、第三者の目による検査を行うことが可能です。

大きな安心をサポート。

  • 保険期間はお引渡日から10年間
  • 1住宅あたり限度額2,000万円

仮住居・移転費用は1住宅あたり50万円

住宅保証機構まもりすまい保険

住宅保証機構まもりすまい保険のしくみ

家族住宅の建物は住宅保証機構の「まもりすまい保険」に加入しています。この保険は住宅環庇担保履行法に基づく保険で、新築住宅の建設を請負う建設業者が暇班担保責任を履行した場合に、その損害をてん補するものです。

住宅事業者が倒産などにより暇症担保責任を履行できない場合には、住宅取得者様に対して直接保険金が支払われます。

住宅保証機構まもりすまい保険のしくみ

保険金の支払い対象

住宅品質確保法に定める基本構造部分(構造耐力上主要な部分および雨水の侵入を防止する部分)の暇症に起因して住宅の基本的な耐力性能または防水性能を満たさない場合に、住宅事業者が住宅取得者様に対して環庇担保責任保険を履行した場合に生じた損害について保険金が支払われます。

第三者の目による検査

まもりすまい保険には、設計施工基準が定められています。また、保険に加入する住宅は工事中に専門の検査員による現場検査が義務付けられています。

検査 アフターサービス

お客様に自信をもってお引渡しをおこない、安心してお住まいいただくため、施工途中での定期検査を行っています。さらに建物が竣工し、社内検査をした後にお住まいになるお客様自身が検査をされる 「オーナー検査」を行います。また、お引渡し後6ヶ月、1年目、2年目、5年目、10年目に定期点検を無料にて行います。建物の性能低下や生活上支障をきたす原因がないかを点検します。

※アフターメンテナンス基準に従い、有償での補修となる場合がございます。

シロアリについて

シロアリが好む環境は、①日当りが悪い場所、②温かいところ、③湿気が多いところの3つです。
そこに木材があるとシロアリにかじられてしまいます。大切な家をシロアリの被害から守るには、この3つの条件がそろう場所を家の中につくらないようにすることが大切です。
基礎をコンクリート仕上げにすることで、従来の家よりは格段に床下の湿気は減少していますが、適切な防蟻処理を施すことは必要不可欠です。家族住宅では住まう人の健康のため、人体に害を及ぼすことのない防蟻剤を採用しています。

保証について

  • 保証期間は施工完了日から5年間
  • 保証金額は500万円

※詳細は保証書に記載させていただきます。

シロアリのイラスト


資料請求・お問い合わせは
こちらからどうぞ

一生に一度の家づくり。分からないことも多いと思います。
まずは一度当社に相談してみませんか?家づくりも土地探しも何でも相談受け付けております!

ページトップへ