家族住宅株式会社

スタッフ紹介

私たちが皆様の家づくりを
サポートします

家族住宅ではスタッフ一人ひとりがお客様のご要望と真剣に向き合い、
理想のマイホームを実現出来るよう日々業務にあたっています。
社員紹介を通して私たちの仕事に対する想いを知っていただければと思います。

MESSAGE

「建築一筋。千軒以上の現場を見てきました。」

一級建築施工管理技士・二級建築士

森下 眞記夫

主に新築工事・リフォームの現場監督をしている森下 眞記夫です。新築やリフォームの他にメンテナンス、定期点検などの工務全般を担当しており、工事全般の管理責任者をさせていただいております。お客様に引き渡す際、笑顔で「ありがとう!」と言っていただけることが私の生きがいです。

森下 眞記夫の写真
現場監督 建設中の様子

40年間で1,000軒以上の現場を見てきました。

入社10年目の森下と申します。私が建築業界へ進んだきっかけは、父親が大工をしていたことや身内が皆建築関係の仕事をしていたことでした。幼少期から父と一緒に建築現場に足を運んで見学していたこともあって必然的に工業高校の建築科に進み、建築業界への道を目指していました。卒業後からの建築業界歴は40年を超え、延べ1,000軒以上の建築現場に携わってきました。

生まれた環境もそうでしたが、現在までこの仕事を続けてきて自分は現場監督になるために生まれてきたような運命を感じていますし、少し大げさな表現ですが天職だと思っています。それだけの気持ちを持って自分は仕事をしているという自信と責任感を持っています。

現場監督 建設中の様子

職人さんと一致団結すること。

私は一級建築施工管理技士と二級建築士の資格を所持していますが、メイン業務は現場監督です。一軒の家を建てるのに30種類以上の職種の職人さんが携わってくれているのですが、皆さんがスムーズに働けるよう業者間での調整業務や部品の調達作業などを日々行っています。

現場監督の仕事では作業が1つでも滞ってしまうと建築が止まってしまいますので、職人さんたちとコミュニケーションはもちろんのこと、監督としての問題解決能力や決断力も重要です。完成した住宅を少しでも早くお客様に渡せるよう、状況を読みながら前倒しで作業することを心掛けています。

それと特にリフォームではお客様とのやり取りやご希望をお伺いしながら職人さんとの橋渡し役をやっています。お客様が「どうしたいのか?」「どうしてほしいのか?」をいち早く掴む心を大切にしています。関わる機会の少ない業種ですので最初は不安かもしれませんが、どうぞお気軽に相談してください。

森下 眞記夫の写真

「家は街に残るアート」だから。

現場監督として携わった家は取り壊されない限り、何十年間とその空間に残り続けます。建築に携わった家が街と一体化していく様を見ることは言葉に出来ない喜びがあります。携わった住宅付近を通るたびにお客様が充実した生活を送れているかとつい考えてしまいます。

一度「建築物を作るというのは街の景観を作るアーティストなんですね」と言っていただいたことがあるのですが、そのときはこの仕事をやってて本当に良かったと思いました。

また、お客様とは家を引き渡した後も定期点検でお会いすることがございます。その時に「この家を買って良かったです!」と言ってもらえることが私にとっての生きがいです。長く続けてきましたが、まだまだやりたいことがありますしこの仕事や関わる人達が大好きです。今後も建築業界に携わり続けたいと思っています。

スタッフからみた
森下さんはこんな人

楠田 慎太郎

一番頼れる存在です!

森下係長はすごく丁寧に仕事をされる印象が強い方です。「お客様に喜んでいただける住宅作り」という点については本当にこだわりを持たれているので、建築に関しても精神的な部分に関しても一番頼れる存在です。

長尾 真幹

お客様思いの現場監督。

本当にお客様思いの現場監督です!細かい作業も面倒くさがらずに仕事をしてくれるため尊敬していますし、実は私は森下係長のファンなんです!

真砂 慎太郎

実直で仕事熱心。
尊敬出来る人です。

家族住宅の中で最も年長者ですが、メンバーに対してフラットなスタンスでいてくれますので、とても相談事をしやすいです。また、自ら動いて現場の方々が作業しやすい環境を整えてくれています。

MESSAGE

「お客様にとっての正義であり続けたい。」

住宅プランナー

楠田 慎太郎

住宅プランナーとして営業と設計・コーディネーターをしています楠田 慎太郎です。お客様との出会いから、お引き渡しまで伴走する形で仕事をしています。多くの方にとって人生で1番大きな買い物になる家づくりですが、その場に立ち会えるということに大きな喜びを感じます。家づくりをお考えでしたらぜひ当社にご相談ください。

楠田 慎太郎の写真
楠田 慎太郎の写真

目標は建築に関する仕事をコンプリートすること。

入社3年目の楠田と申します。大学卒業後から建築業界で働き始め、業界歴は17年目になります。私の父親は住宅や不動産の広告をつくる仕事をしているのですが、広告マンであると同時にカメラマンでもある父の仕事の関係で、幼少期から西日本のいたるところの住宅を見て育ちました。幼いころから沢山の家づくりの現場に触れてきたこともあり、気付いた時には建築業界の道を目指し、ここまで歩んできました。

これまでいくつかの住宅メーカーを渡り歩き、様々な家づくりの現場に携わることで、営業マンや設計士、広報という枠にとらわれない今の仕事スタイルになりました。もちろん、まだまだ成長過程であると思っていますし、営業、設計・コーディネート、広告まで幅広く担う『住宅総合プロデューサー』としての道をさらに開拓していきたいと思っています。

住宅プランナーと打ち合わせをする様子

一人ひとりに合った理想の住宅に近付けていく。

私は家族住宅以外のハウスメーカーもいくつか見てきましたが、業界全体の雰囲気として価格の高いものが良いものであるとされている風潮があるんですね。当社も 『EIFS-G』という外断熱工法を強みとしてはいるのですが、外断熱工法ありきの会社ではありません。一番大切にしているのはお客様に寄り添う姿勢です。曖昧な表現に聞こえてしまうかもしれませんが、外断熱工法そのものは住み心地を向上させ、家を長持ちさせるという点においてはおすすめしますが、その分どうしても予算は膨らみます。

我々は工法や仕様に関して、お客様が住まいに求めるものに対してオーバースペックになり過ぎるものを無理強いしたりはしません。それぞれのお客様が住まいに求めるものは何かを見極め、お客様のご要望に最大限の誠意をもって応える会社でありたい。そう思っています。もちろん、快適にお住まいいただくために必要なことや、安全や安心のためにこうした方が良いという点についてはしっかりご提案させていただきます。しかし【最後に選ぶのはお客様である】ということは忘れないようにしたいですし、そうした関係を築いていくことができる会社だと思っています。

楠田 慎太郎の写真

お客様にとっての正義であり続けたい。

笑われることもあるのですが、私は仕事において「正義」ということを大切にしています。お客様はたくさんの情報収集をされて打合せやご相談にこられるのですが、 どうしても専門性が強すぎるため、お客様にとって不安に思われることが多い業界です。

見積書にしても項目数が膨大にありますので、それをお客様がひとつ一つ精査していく…というのは現実的に考えて不可能です。もっと言えば綺麗な壁紙や外壁で隠すと壁の中がどうなってるかはもう分からないんですね。

【じゃあ誰がそこに目を光らせるのか?】ということが私たちの使命なんです。現場監督やプランナーの私が正義を貫き、お客様に絶対に悲しい思いをさせないということを1番大切にしています。

スタッフからみた
楠田さんはこんな人

森下 眞記夫

トータルバランスの良い
プランナー。

楠田主任は営業スキルが長けているだけではなく住宅についても詳しいので、そうした能力はうちにとって強みだと思います。

長尾 真幹

頼れる住宅プランナー。

家づくりの知識が豊富だしお客様の希望を引き出したりより良くする能力が高く本当に頼りになります。仮に全国の営業担当者を対象にランキングを付けるとしたら上位に入ると思っています!

真砂 慎太郎

正義感が強い人です。

お客様に対しての正義感が強いですし、自分の仕事に対して誇りを持っています。豊富な知識に裏打ちされた家づくりの提案力を持ってるから安心できますし、不明点をハッキリさせてあいまいにしないのも楠田スタイルです!

MESSAGE

「人として誠実で、正しい。あるべき仕事をし続けていきたい。」

ネクステップ営業部売買営業課主任長兼家族住宅営業

長尾 真幹

ネクステップの売買営業課にて土地・戸建て・マンションの売買・仲介をメインに行い、家族住宅では新築やリフォームの営業を担当しています長尾真幹です。 家づくりのことでしたら住宅建築の家族住宅と土地探しからサポートするネクステップにぜひご相談ください。

長尾 真幹の写真
打ち合わせの様子

人として誠実で、正しい。あるべき仕事をし続けていきたい。

入社13年目の長尾と申します。普段は主にネクステップの売買営業課で仕事をしています。売買営業課の視点で私のことをお話すると、まず家を建てる際、手元に現金がない限りローンを組まなければ家は建てられません。だからこそお客様への貢献度が純粋に高いというか。ローン審査が通って建築が決定した瞬間とかは本当に喜んでいただけますし、私自身すごく嬉しいですね。例えば外国の方などで審査が通りにくいケースがあるのですが、それを通過してお客様が思い描く次の暮らしに進めたときは腰が砕けそうになるぐらいホッとしました。

正直な話をすると私は営業ですし、プレイイングマネージャーという立場で仕事をしているので「どうしても売上がほしい」という場面はあるんですね。(本当は相反するものではないと思うのですが)人として正しくあるべきという軸と、営業として結果を出さなければならないという2つの軸でせめぎ合うこともあります。その中で思うのは【限られた時間や制限の中でなるべく人として誠実な仕事をする】ということを自分自身のルールにしています。

打ち合わせの様子

人に寄り添ったスタッフとサービスが自慢です。

会社の強みとして言えるのはうちは少人数ですがその分個々の能力が高いことが自慢です。例えば住宅プランナーの楠田主任は一建築営業マンとして非常に高い能力と幅広い知識を持っていますし、プラスアルファで間取りが書けたりお客様とのコミュニケーション能力も非常に高く、それを提案資料やツールにする具現化能力を持っています。現場監督の森下係長も建築一筋でやってこられた筋金入りの建築マンですし、そこに胡坐をかかずめちゃくちゃお客様想いですし絶対にめんどくさがったりしないんですね。今でも床下に潜ったり雨の中作業したりということを黙々とやっていて。そういった個々の能力や仕事に対する姿勢がお客様と良好な関係値を築くことに繋がっています。

サービスの面で言うと会社の方向性として外断熱を打ち出していますが、お客様のご予算に応じて内断熱を採用することもありますし、規格住宅をそう感じないように工夫してご提案したりもしています。そうした柔軟性+ネクステップ側で良い土地情報を仕入れているという相乗効果が私たちの強みですね。

リビングで打ち合わせをする様子

那珂川市や春日市付近の土地情報でしたらお任せください。

私はネクステップの営業部売買営業課として新築・戸建・マンションなどの不動産売買の仲介業務にも携わっています。事務所がある那珂川市は北側が市街地、南側は山あいの場所となっていて場所によって景色が違いますし、博多駅にも新幹線で8分で行けることから非常に注目されているエリアです。

私も那珂川市が気に入って家を建てましたが、ネクステップは良い場所で良い土地を建築条件付きで押さえています。他社さんで家を建てたいという方の選択肢からは外れてしまうかもしれませんが、他社で提供しうる商品や金額、プランと勝負する力を我々は持っています。まずはご来社いただき、是非とも私どもにお話をさせていただければ…と思っています。

那珂川市の他、春日市や大野城市など南エリアについても様々な情報を持っていますので、こうしたエリアの家づくりでしたらぜひ私たちにご相談ください。

スタッフからみた
長尾さんはこんな人

森下 眞記夫

誰からも好かれる誠実な人です。

長尾主任長とは10年近くやってきましたが、社内でも1~2を争うような誠実な男です。人柄もそうですが仕事面でも信頼しています。土地探しからサポートする際のパイプ役として会社にとってなくてはならない存在です。

楠田 慎太郎

仕事はもちろん、
人として信頼できる存在。

正直者・真面目な人です。その一方、盛り上げ上手で頼れる存在でもあります。人柄も良く社内でも好かれる存在だと思います。

長尾 真幹

土地探しと家づくりのパイプ役!

家族住宅とネクステップのパイプ役として大活躍しています。本当に誠実で人あたりが良いから、お客様からも人気がありますよ。

MESSAGE

「土地探しから引き渡し後のメンテナンスまで。家づくりのことなら私たちにお任せください」

ネクステップ兼家族住宅営業部所属

真砂 慎太郎

ネクステップで土地や不動産の営業と、家族住宅で一戸建て提案の営業をしている真砂 慎太郎です。お客様とのお付き合いを大事にして一生に一度家づくりにしっかり寄り添えるような人でありたいと思っています。

真砂 慎太郎の写真
打ち合わせの様子

「家族住宅だから建てたんだよ」と言ってもらうこと。

入社3年目の真砂と申します。業界歴は6年です。父親が不動産会社を経営していることもあって幼少期から建築業界にずっと興味を持っていました。大学でも建築を学びましたし「いずれは故郷に戻ってきて父が立ち上げた会社をしっかりと受け継いでいく」という想いはあったのですが、まずは修行の一環として関東のハウスメーカーで就職し、営業経験を積んだ後、地元那珂川市へ戻ってきて今に至ります。

私の仕事はお客様に家という一生に一度買うか買わないかの高額商品をご提案したり選んでいただくことです。お客様から「あなただから建てたんだよ」と言っていただけることがあるのですが、そういうときは本当に充実感がありますし頑張ってきて良かった!と感じます。言葉で言うと簡単ですが、実際は言葉に出来ない感情が胸の奥から湧いてきますし本当にやりがいがある仕事です。そうした体験を大事にしながら今後は「家族住宅だから家を建てたんだよ」と言ってもらえるよう努力していきたいと思っています。

打ち合わせの様子

土地探しと家づくりの両輪でお客様の家づくりをサポートします

当たり前のことですが土地がないと家を建てることは出来ません。住宅建築というのももちろん大事ですが、住む場所となる土地探しは家づくりにおいて非常に重要なポイントです。家族住宅では土地を扱っているネクステップと提携しているため、土地と住宅をセットで販売できるんです。私自身家族住宅の営業として家の提案をしていますが、ネクステップの営業としても仕事をしていますので土地の仕入れに関しては自信を持っています。

家づくりに関しては森下係長や楠田主任といった家づくりのスペシャリストが在籍していますのでご安心いただけると思うのですが、その母体のネクステップとしては那珂川市で約30年会社をやってきています。地域に密着して培ってきたからこそ持っている土地情報や仕入れに自信を持ってやっています。この両輪を持って【お客様に喜んでいただける土地と住宅を提供できる存在】として仕事をしていきたいと思っています。

打ち合わせの様子

お客様が満足できる住宅を提供することが使命。

良いことばかりお話するのはフェアじゃないと思うので敢えて話すのですが、打ち合わせが進み細かい部分の調整に入っていくにつれて気持ちが変わった等で認識のズレや齟齬が発生してしまうケースもあります。もちろん図面に起こす段階で設計士に入ってもらったりしながらしっかり確認していくのですが、人と人が何かを作っていく以上そういったケースをゼロにすることは恐らくどこの住宅会社でも不可能です。そういったケースを少なくしていかなければならないのはもちろんですが、私たちはそうした場面でお客様の気持ちになって考え、誠実な対応をとってしっかりリカバリーするということを大切にしています。

お客様の中には私たちに対して気を遣い、不安なことを話せないという方もいらっしゃいます。しかし私たちの使命は【一生に一度の家づくりでお客様が満足できる住宅を提供すること】です。住宅購入の悩みを打ち明けていただければその部分を加味した建築をすることが可能です。そのために私たちはお客様が堅苦しくならない環境を大事にしています。お客様が理想とする住宅に仕上げたいと社員一同思っておりますので、ご不明な点や悩みがございましたら気軽にご相談ください。

スタッフからみた
真砂さんはこんな人

森下 眞記夫

仕事に真面目で性格も明るい人気者。

若い方には珍しく本当にコツコツ、真面目に仕事をするんです。仕事においても知識が豊富で非常に能力が高いですし、将来二代目としてさらに飛躍をすることは間違いないと思います。

楠田 慎太郎

社内のムードメーカーであり業界を熟知しています。

建築出身で入社している営業マンですので、若いですが建築業界のことをよく知っています。会社ではネクステップ側で不動産という部分でも強いですし、うちの営業は誠実な人間が多くお客様も家づくりやお打ち合わせを楽しまれているという印象を感じます。

長尾 真幹

誰からも好かれる人気者!

人当たりがよくて誰からも好かれるしとにかくお客様に人気があるんです。もちろん経験も知識も持っているんですが、なにか人として天性のものを感じます。それがゆくゆくは「人望」というものになっていくんだと思います。

MESSAGE

「博多南駅より徒歩1分の場所にありますのでお気軽にお越しください。」

総務・経理、設計補助

山田 圭子、土山 里江子

経理・総務を担当している山田と設計補助や皆さんのサポートをしている土山です。家族住宅は博多南駅より徒歩1分の場所にございますので、交通機関でのアクセスもしやすくなっております。家づくりのことで悩んでいらっしゃいましたら、ぜひ私どもにご相談ください。

山田 圭子と土山 里江子の写真
山田 圭子の写真

子育てしながらでも働きやすい職場。

山田私は入社してから10年近くになります。家族住宅に入ったきっかけは、子供がいるため当時平日勤務土日休みの仕事で探していました。前職でも建築系の職場でしたので何か経験を活かして働ければと考えてたのですが、そのときネクステップで採用していただき現在家族住宅の経理・総務として働いています。

土山私も下の子が幼稚園に行き始めたため、そろそろ仕事をまた始めたいと思ったのが入社のきっかけです。前職では住宅メーカーでCADオペレーターをしたり設計事務所で働いていました。間取りや家を見るのが大好きなので、ネクステップの募集に応募しました。CADが使えるということを評価していただき、家族住宅の方で働いています。実際間取りを考えさせてもらったり、楠田主任の描いた図面を見せてもらったり、やってきたことを活かせているから楽しいです。

土山 里江子の写真

社員同士の仲が良く、自然体でいられる。

山田私たちは主にスタッフのサポートや経理といったバックオフィス業務を担当しています。お客様と直接接するなど表に見える仕事ではないのでモチベーションを維持するという部分で難しいところはありますが、ネクステップグループとして月間賞といった制度などがあるんです。そういった制度はモチベーションを高めてくれますし、社員同士仲が良くて会社の雰囲気が良いので自然体でいられる会社だと思っています。

土山そうですね。やる気を高めてくれる制度もあるし、学校行事なども優先させてくれお休みも快く許可してもらえるので、子育てしながらでも働きやすい環境です。「アットホームな感じ」というのは同意です。働きやすいですし、良い雰囲気だなって日々思ってます。

山田経理に限ったことではないですが、やっぱり仕事は気が張り詰めることがあるので、人間関係のストレスが少ないというのはすごく良いですね。

ヒノキの角材で作った置物

もっと沢山の方に知ってもらい、色んな夢を実現していきたい。

山田私たちは那珂川市を中心に家を建てて施工数もかなり集中しているのですが、やはり地域密着というのは強みだと思います。というのも何かあったときにすぐに駆けつけることが出来るというのは会社選びのポイントとしても語られることが多いんですね。それとグループ会社として土地の情報を持っているネクステップがあるというのは一番の強みだと思います。

個人的な夢ですが、那珂川の自然がたくさんある広い土地にモデルハウスをたてて、犬や猫たちに囲まれながら、美味しいコーヒーを出し、ゆったりしたスペースがある所で打ち合わせが出来たらいいなと勝手に思っています。

土山私も夫が大工なのですが、ヒノキの角材とかをもらって花瓶を作ったりロボットを作ったりしているんですね。そういった自分の楽しい事と仕事を結び付けていけれるようになったら…と思います。そのためにも家族住宅のことを沢山の方に知ってもらい、もっともっと大きな会社にしていきたいというのが夢ですね。

スタッフからみた
二人はこんな人

森下 眞記夫

山田さんはずっと経理をやってくれているのですが、自分の仕事に責任を持って会社全体の数字を見てくれていますし、私が現場に行っている間電話対応をしてくれたりバックオフィスをしてくれていて本当に助かっています。土山さんは図面が書けるのでお客様に素早くプランニング出来るし、提案資料を作ってくれる貴重な戦力です。

楠田 慎太郎

山田さんはもはや経理以上の存在というか、会社にとって非常に重要な人物です。和気あいあいとした中でも、大事なところで山田さんがちゃんと引き締めてくれるから組織としてまとまっているんだと思います。土山さんは癒し系というかどんな話も耳を傾けてくれるしとても優しい人です。それが図面にも現れているような気がします。

長尾 真幹

山田さんは会社の金庫番として会社が存続していくことをすごく考えてくれていますし責任感が強い方です。まとめ役のお母さんみたいな人ですごく頼りになる存在です。土山さんは建築と不動産のことにとても詳しいですし、CADが使えるし、打ち合わせ内容を綺麗にまとめてくれたりと本当に頼りになる存在です!(皆そうですが)いなくなったら本当に困る存在ですね。

山田さんは社歴も長いですし、家族住宅を影で支えてくれている重要な存在です。私たちが動きやすいように様々なサポートをしてくれています。土山さんはすごく一生懸命な人ですし人あたりが良いので、お客様に安心感を与えてくれています。社内の雰囲気も柔らかくしてくれている人です。

資料請求・お問い合わせは
こちらからどうぞ

一生に一度の家づくり。分からないことも多いと思います。
まずは一度当社に相談してみませんか?家づくりも土地探しも何でも相談受け付けております!

ページトップへ