家族住宅株式会社

お知らせ

Let’s DIY!!

楠田慎太郎

住宅プランナー:楠田 慎太郎

住宅プランナーとして営業と設計・コーディネーターをしています楠田 慎太郎です。お客様との出会いから、お引き渡しまで伴走する形で仕事をしています。多くの方にとって人生で1番大きな買い物になる家づくりですが、その場に立ち会えるということに大きな喜びを感じます。家づくりをお考えでしたらぜひ当社にご相談ください。

住宅プランナーの楠田です。おうち時間が増えてDIYをはじめる人が多いそうですね。

私は元々モノづくりが好きなほうですが、久しぶりに何か作ってみようと思って作ったのがこの棚のマガジンラック付きフラップ扉です。

これを作って痛感したのは木材を真っ直ぐ切るのは難しいということ。

さすがに手ノコで1メールくらいの長さを真っ直ぐに切る技術が無いことは分かっていたので、ホームセンターで4,000円くらいのジグソーを買って、定規を当てて切りました。

ジグソーは曲線を切るのは得意ですが、直線切りにはあまり向いていません。

そもそも直線を切るために設計されていないので。(ジグソーでも真っ直ぐ切る方法はあるらしい)ということで、ぱっと見は分からないけどなんとなく切断面が歪んでいます。

木材を真っ直ぐ切るのなんてDIYの初歩の初歩なんじゃないかと思い、YouTubeでDIYユーチューバーの動画を見る毎日。やっぱり木材を真っ直ぐ切断するならマルノコか…。

マルノコは初心者が扱うには危険が伴う電動工具なので、できれば避けたいところだったのです。

キックバックという現象で大けがをする可能性があるのです。

キックバックは、高速で回転する刃に急激な負荷がかかった場合、その回転している刃の力がそのままマルノコ自身を跳ね飛ばしたり、切っている材料をふっとばしたりする現象の事です。

やり方を間違えなければケガをすることはないと思うけど…あまり自信がない。

コンパクトであんまり危なくないマルノコないかな~と思ってアマゾンを眺めていたら、ありました!これぞ私が探していたマルノコです。

本体がコンパクトで刃の回転数が毎分1500回転。一般的なマルノコが毎分5000回転くらいなので3分の1程度。しかも充電式なのでコードレス。値段も手頃。

口コミを見ると上級者が使うには物足りないがDIY程度なら十分とのこと。

そして回転数が遅いので本格的なマルノコに比べればキックバックは起こりにくいらしい。気になるのはコンパクトなぶん、最大切り込み深さが25.5㎜ということ。

つまりツーバイフォー材は切れません。

とりあえずの目的は果たせるので、2週間くらい悩んで購入しました!

となれば、何をつくるか。

少しは手の込んだものを作りたいなと思って、黒板を作ることにしました。

マグネットが付く黒板。それをまた事務所のカタログを収納している棚の扉にすることに決めました。(勝手に!)

そして完成したのがこの黒板です。マグネットもちゃんと付きます!

黒板をつくる工程も少しご紹介!

もちろんチョークで書けますし、黒板消しで消せます(^^)

ちなみに、マルノコですが全く問題なく使えました。気を付けるのはしっかり回転数が上がってから材にあてること。これはジグソーにも共通していえることです。

次はなにをつくろうか…。考え中です!!

博多南・春日市・大野城市・福岡市南区で注文住宅やリフォームをお考えなら

家族住宅株式会社

家づくりやリフォームをお考えなら家族住宅へお気軽にご相談ください。


資料請求・お問い合わせは
こちらからどうぞ

一生に一度の家づくり。分からないことも多いと思います。
まずは一度当社に相談してみませんか?家づくりも土地探しも何でも相談受け付けております!

ページトップへ