家族住宅株式会社

お知らせ

長期優良住宅仕様のワンズキューボ(ONE’S CUBO)がおすすめです。

楠田慎太郎

住宅プランナー:楠田 慎太郎

住宅プランナーとして営業と設計・コーディネーターをしています楠田 慎太郎です。お客様との出会いから、お引き渡しまで伴走する形で仕事をしています。多くの方にとって人生で1番大きな買い物になる家づくりですが、その場に立ち会えるということに大きな喜びを感じます。家づくりをお考えでしたらぜひ当社にご相談ください。

みなさん、こんにちは。住宅プランナーの楠田です。

昨年より家族住宅の商品ラインナップに加わったワンズキューボ(ONE’S CUBO)、すでにお問い合わせをいただいていることから、今人気のあるおすすめ商品です。

ワンズキューボ(ONE’S CUBO)の詳細はこちら

この商品のポイントは【耐震等級】【劣化対策等級】【省エネ対策等級】【維持管理対策等級】のすべてが標準仕様で最高等級を取得できることです。

長期優良住宅仕様、ライフステージに合わせて間取りを変更出来ることで利便性に合わせた多彩なプランが魅力です。

認定低炭素住宅でエコ住宅

また、認定低炭素住宅でエコ住宅としての機能も満たしております。

基本的な工法としては、在来工法(柱や梁、土台を木の軸組で構成している工法で、日本では最もポピュラーな工法です)に分類されるのですが、その工程には大きな違いがあります。

在来工法のご説明はこちら
J WOOD工法で強い強度を実現

通常、柱や梁などの構造材は無垢の木を使用しますが、このワンズキューボ(ONE’S CUBO)はJ WOODという強靭な構造材を使用します。

簡単に言うと単板積層材なのですが、その圧着方法も特殊で無垢の木よりも圧倒的な強度を持っています。

そのJ WOODを大工さんがトンカントンカンと大きな木づちで押し込んでいくのではなく、ピン工法という大規模建造物でも採用されている工法で組み立てていきます。

等級が全てではない。

個人的には一概に【等級が高い=良い家】であるとは言えないと考えていますが、日本での全体的な家づくりの流れとしては二酸化炭素の排出量をなるべく抑え、建築コストが多少高くなっても永く住まうことができる家を建てていきましょうという流れであることは間違いありません。

家は故障しても買い替えれないから構造確認を

先日、私のマイカーが故障してレッカーで運ばれて行きました。車の耐用年数は新車の普通車だと6年(軽自動車は4年)で、仕事でもマイカーを利用していると走行距離が年間2万キロ近く走ります。故障するたびに出費がかさみ、もうそろそろ買い替え時かな…と思ってしまいます。

車の場合は買い替えという選択肢がありますが、家はそうはいきません。

(等級にこだわりすぎる必要はありませんが)初期費用の高い、安いだけで決めてしまうと長い年月を共に過ごす家の場合は取り返しのつかないことになりかねません。

やはり、表面的なデザインだけでなく、壁の中つまり構造がどうなっているのかを確認したうえで住まいを決められることをおすすめします。

新築戸建てをお考えなら私たちにお任せください!

家族住宅では、お客様のあらゆる要望にお応えできるように、ワンズキューボの他にも独自の商品を取り揃えております。

ぜひホームページのスタンダードプラン、フリースタイルプランのページをご覧くださいませ。

もっと詳しく!というお客様にはテクノロジーブックを郵送させていただきます。お気軽にどうぞ!!

博多南・春日市・大野城市・福岡市南区で注文住宅やリフォームをお考えなら

家族住宅株式会社

家づくりやリフォームをお考えなら家族住宅へお気軽にご相談ください。


資料請求・お問い合わせは
こちらからどうぞ

一生に一度の家づくり。分からないことも多いと思います。
まずは一度当社に相談してみませんか?家づくりも土地探しも何でも相談受け付けております!

ページトップへ