家族住宅株式会社

お知らせ

スウェーデン式サウンディング調査って何?|地盤調査・保証について

家族住宅

家族住宅株式会社

家族住宅では家づくりのパートナーとして多くの方からご相談をいただき、規格・注文住宅・リフォームなど様々なご要望にお応えしてまいりました。福岡で戸建て建築・リフォーム・リノベーションなど家づくりをお考えなら私たちにお任せください。

家を建てる際に必ず行う工程に地盤調査があります。

今回はこの地盤調査についてご説明したいと思います。当社がどのような地盤調査と保証をしているかもご紹介しますので、ぜひご覧ください。

地盤の性質を把握する大事な調査

新しく住宅を建てる際、その土地の地盤調査を行うことで不同沈下を事前に回避したり地盤の性質を把握することが出来るようになります。

この調査結果を元に基礎工事を行ったり、地盤対策・改良工事を行うので家づくりの前段階において地盤調査は重要な調査となっております。

代表的な3つの調査方法について

代表的な調査方法には以下の3つがあります。

1.スウェーデン式サウンディング調査

地盤に鉄の棒を差し入れ回転させ、土の抵抗力や締まり具合を確認する方法です。

【長所】

調査時間が短くて済む。狭小地、傾斜地でも調査可能。ポイント数を多くとれ、地盤の変化を捉えやすい。

【短所】

固い地盤には不向きである。15mlの深部の調査は不可能。

2.表面波探査 (物理探査)

地盤を振動させ、その振動が伝わる速度によって地盤の強弱を確認する方法です。

【長所】

精度が高いため無駄な地盤改良を回避できる。戸建住宅のような軽い構造物調査に向いている。

【短所】

重い構造物を支えるための杭の設計には適していない。盛土の場合に改良判定がでやすい。

3.ボーリング(標準貫入試験)

地盤に穴を開けサンプラーを地中に30cm貫入させるのに必要な打撃回数を測定し、その打撃回数をN値として記録する方法。

【長所】

重い構造物を支えるための杭の設計に最適。土質調査ができる。

【短所】

戸建住宅で最も必要な表層から深さ1mのデータが得られにくい。

スウェーデン式サウンディング調査と表面波探査(物理探査)を採用

当社ではスウェーデン式サウンディング(以下スウェーデン式)と表面波探査による地盤調査の2つを採用しています。

一般的に多くのハウスメーカーが採用しているのがスウェーデン式調査ですが、鉄の棒を差し込む調査では『点』の調査になってしまいます。

それに対して表面波探査は『面』での調査ですので、より広い範囲での調査が可能です。

高性能の調査であるため、一般的な地盤調査より改良工事が少なくなります。

しかし上記の表面波探査の短所にあるように土地が盛土である場合、改良判定が出やすい傾向にあります。当社では土地の状況からどちらの工法が適しているかを判断し調査を依頼します。

仮にスウェーデン式を選択して改良判定が出た場合には、そのデータを見てセカンドオピニオンとして表面波探査を実施することもございます。

なぜならば表面波探査は調査専門の会社が調査と解析を行っていますが、スウェーデン式では地盤改良工事兼業の調査会社が調査を行っていることがほとんどです。

そうなると地盤改良工事に判定が偏ってしまいます。不必要な改良工事を減らし、適切な施工を行うため当社ではスウェーデン式と表面波探査法の2つの調査方法を採用しています。

地盤保証について

スウェーデン式サウンディング調査の保証

住宅保証機構が損害保険会社と保険契約(地盤にかかる生産物賠償責任保険)を結び、地盤調査または地盤補強工事の環癌により住宅が不同沈下した場合、登録地盤会社に補修費用の一定割合を保険金としてお支払します。

表面波探査法の保証

表面波探査法による地盤調査の結果に基づいて適切な地業·地盤対策·改良工事及び基礎の設計·施工を行ったにもかかわらず、不同沈下が発生し建物に障害が生じた場合 地盤と建物の修復工事を行います。

まとめ

今回はサウンディング、及び当社の保証についてご説明いたしました。

当社では何代にも渡り受け継がれる快適な住まいを提供し続ける事を目指し、長く安心して住み続けることが出来る家を作ることにこだわっております。

土地探しや家づくりでご相談がございましたらお気軽にお問い合わせください。

博多南・春日市・大野城市・福岡市南区で注文住宅やリフォームをお考えなら

家族住宅株式会社

家づくりやリフォームをお考えなら家族住宅へお気軽にご相談ください。


資料請求・お問い合わせは
こちらからどうぞ

一生に一度の家づくり。分からないことも多いと思います。
まずは一度当社に相談してみませんか?家づくりも土地探しも何でも相談受け付けております!

ページトップへ