家族住宅株式会社

お知らせ

家づくりのスケジュールについて

楠田慎太郎

住宅プランナー:楠田 慎太郎

住宅プランナーとして営業と設計・コーディネーターをしています楠田 慎太郎です。お客様との出会いから、お引き渡しまで伴走する形で仕事をしています。多くの方にとって人生で1番大きな買い物になる家づくりですが、その場に立ち会えるということに大きな喜びを感じます。家づくりをお考えでしたらぜひ当社にご相談ください。

住宅プランナーの楠田です。注文住宅と聞くとなんだか大変そう…と感じられる方も多いと思います。

今日は注文住宅がどのようなスケジュールで進んでいくのかをお話しします。

下のイメージ図はご検討段階からお引渡しまでの流れをおおまかに表したものです。

家づくりのスケジュール

まずは情報収集

まずは情報収集から始めます。地場業者から全国展開のハウスメーカーまで沢山のハウスメーカーが存在します。

その中で、ホームページや情報誌などからご自身のイメージに合うハウスメーカーを数社ピックアップします。

そして、HPなどから問合せをしてみましょう。カタログ請求をしてより詳しい情報をもらうか、モデルハウスや実例の見学予約をしましょう。

弊社ではお問合せをいただいた方に、家族住宅の家づくりのすべてがわかるテクノロジーブックをお送りしています。

土地から探す方

土地からご検討の方は、そのハウスメーカーが土地を紹介してくれる会社かどうかも重要になってきます。

当たり前ですが、いくら建物を気に入っても土地が無ければ家づくりは実現しません。

ひとつのハウスメーカーにこだわりすぎるが余り、何年間も土地が見つからずに買い時(建て時)を逃してしまう方も数多くいらっしゃいます。

土地情報をもっているハウスメーカーにご自身の家づくりのイメージをお話してみてください。

実は意中のハウスメーカーと変わらない(もしくはそれ以上の)家づくりを提案してくれることも多々あります。

弊社でもこだわりの完全注文住宅から、コスト重視のセミオーダー住宅まで幅広く提案しています。

土地が見つかったら

土地が見つかったら申込みを入れ、間取りプランのご依頼・ご検討をしていきます。

この段階では土地が建築条件付きの宅地かそうでないかでスケジュールが変わってきます。

建築条件付きの場合はひとつのハウスメーカーとじっくり打合せができますが、そうでない場合は数社並行で間取りプランを依頼することが多く、打合せ日程が過密になります。

検討中の土地に希望の間取りが入るか、資金計画は予算内におさまるか…。

ここが注文住宅の中で一番大変な時期かもしれません。

というのも、建築条件付きの土地とそうでない一般の土地の場合では、土地契約及び土地決済(土地代金の支払い及び引渡し)までの日数が全く異なります。

建築条件付き宅地と一般の土地のスケジュール
建築条件付き宅地か、一般の土地(仲介物件)か

上のイメージ図のとおり、一般の土地の場合は売主が宅建業者でないことが多く、決済までの日数は宅建業者が売主の建築条件付き宅地の場合と比べ非常にタイトです。どちらのパターンが良いとか悪いではなく、事前にどのようなスケジュールで進める必要があるかを知っておく必要があるということです。

家族住宅ではグループ会社の株式会社ネクステップとのワンストップサービスで、建築条件付き宅地と一般の仲介物件の両方をご紹介することが可能です。

打合せが進んでいくと交付される工程表とは

工事請負契約を締結するタイミングで、ハウスメーカーから工程表というバーチャート式の工事日程が記載された表が交付されます。

この工事日程の最後はお引渡しになるわけですが、建物竣工(完成)日は工事請負契約書に記載されるため、ハウスメーカーはこの日程を死守するべく工事を行います。

施主側は工程に遅れが生じないように、各部門のスタッフと期日までに間取りや仕様を決めていかなければなりません。

間取りをはじめとする図面は遅くとも着工のひと月前に、仕様に関しては壁紙などの工程の最後のほうの仕上げを除いて、工事着手までには確定する必要があります。

もちろん、施主様にはお仕事や家庭の事情がありますので、事前に引渡し日をいつに設定して、そのためにはどのようなスケジュールで打合せをしていくかをすり合わせます。

請負契約から引き渡しまでどれくらいの期間が必要か

よく受ける質問ですが、請負契約の時点でどれくらい打合せが進んでいるか?によって異なります。

請負契約時点では平面図や立面図の7~8割までしか決まっていないことが多く、仕様も特別なご要望を除いて各ハウスメーカーの標準仕様に設定されています。

そこから図面を確定するために詳細な図面で打合せをして、同時並行で外壁や床などの素材や色、キッチンなどのショールームを見学して設備仕様や色を決めていきます。

請負契約から着工まで平均して2ヶ月程度かかるケースが多いと思います。

着工してからは、台風などの自然災害、大型連休等をはさまなければ約4ヶ月で引渡しを迎えます。(建物の規模や仕様により異なります)

工事期間中について

建物の工事が始まったらあとは完成を待つだけ…とはいきませんが、打合せの頻度はぐっと減ります。

外構工事や壁紙の打合せなど頃合いを見計らって行います。もちろん、現場での打合せも数回あります。他には着工金などの部分払い金の手続きや、役所での手続きをハウスメーカー担当者の案内のもと行います。

引渡し~引越しまで

引渡しを迎えるにあたり、新住所への住民票・印鑑証明の移動、金融機関との金銭消費貸借契約や竣工検査の立会いがあります。引渡し前は意外と忙しいので、早めにスケジュールを決めておくことをおすすめします。

カーテンや照明器具、TVアンテナ工事や電話・インターネット工事を施主様自ら手配する際には、入居時に不自由が生じないように段取りしましょう。

今のお住まいが賃貸住宅であれば、退去に関する手続きも必要です。通常は管理会社に対して1ヶ月前には退去予告が必要ですが、退去日は当月の家賃を日割り清算できるようであれば、少し余裕をもって設定しましょう。

新しい住まいの最後の工程である外構工事は、雨天が続くなどの理由で駐車場のコンクリート工事が遅れることがあります。駐車スペースがなくて困るということがないように気を付けてください。

家づくりのことは家族住宅にお任せください

家づくりのスケジュールを駆け足でご説明してまいりましたが、やっぱり注文住宅は大変だな…と思われる方がほとんどかもしれません。

しかし、一生に一回の家づくりです。

悔いが無いように、じっくりと検討してご自身の住まいには注文住宅が良いのか、建売や分譲マンション、はたまた賃貸住宅の方が良いのかを考えてみてはいかがでしょうか。

家族住宅では家づくりの知識が豊富なプランナーが皆様に伴走いたします。

スタッフ紹介ページもございますので、ぜひ一度ご覧いただけますと幸いです。

住宅プランナーのご紹介はこちら→

皆様からのお問い合わせ、心よりお待ちしております。

博多南・春日市・大野城市・福岡市南区で注文住宅やリフォームをお考えなら

家族住宅株式会社

家づくりやリフォームをお考えなら家族住宅へお気軽にご相談ください。


資料請求・お問い合わせは
こちらからどうぞ

一生に一度の家づくり。分からないことも多いと思います。
まずは一度当社に相談してみませんか?家づくりも土地探しも何でも相談受け付けております!

ページトップへ